おしりの皮膚をキレイにするなら、民間療法に注意

アトピー肌の方でおしりにも症状がでてつらい、なんとかしたいといろいろ試したり皮膚科にかかったりしている方で、一向に良くならない…といった方が非常に多くいらっしゃいます。

この問題の一旦として、大きく2つの要因があがってきます。

ひとつは医師による治療法の違いが挙げられます。
例えば、小児科医に行くと、食べ物制限を指導され、皮膚が改善しないと制限品目は増えていく、。ところが皮膚科医に行くと、外用剤が中心の治療で食事は何も指導されなかった。といった具合です。

また、過度な食べ物制限により生じた成長障害のみならず、家庭内で多くの制限を加えることにより生ずる精神的なストレス、これも負の要因になります。

食生活の苦労、通常の社会生活の制限やダニ除去に明け暮れる毎日など、患者のみならずご家庭の周りの方までノイローゼが生ずる事もあります。

もう一つは現在、マスコミによる報道や多くの健康雑誌が氾濫し、素人療法や民間療法がブームとなっている点です。

自分の健康を考え、予防的に行うのは構いませんが、現在患っている病気そのものの治療法として、医師の指導や管理なしに行うことには賛同できません。

その結果、それほどひどくなかった方が、明らかに悪化して通院されるケースをこれまで数多く見てまいりました。

この健康ブームに便乗して営利を目的とした民間療法が数多く見られました。民間療法はその多くがステロイド性悪説を唱えています。ステロイドの副作用を強調し、中止してこの療法を行えばアトピーが治るという具合です。

明らかな医学的データも理論もなく、どこの研究でも証明されていないものがほとんどです。

しかし、その中にもわずかですが基礎的な研究が行われ、補助的な治療として役立つものも含まれています。それらは第三者機関により、もっとしっかりと評価・検討されるべきだと思います。
更に詳しい事はこちら⇒おしりできもの