おしりの皮膚症状とアトピー対策

おしりに限らず、全身にあらわれるアトピー性皮膚炎の原因は複雑でいろいろな要因が組み合わさっています。その結果、皮膚は慢性かつ治癒が難しい状態に陥ることになるのです。

おしりの皮膚状態に合った外用薬を選び、きっちりとしたスキンケアをすることでかゆみの循環を断ち切り、皮膚症状が改善すれば、この厄介な皮膚病から解放されるでしょう。

ところが、短期間の治療で済む急性のおしりの湿疹と違って、アトピー性皮膚炎といった慢性のものは、季節や環境、ストレスなどの要因によって、一進一退を繰り返しながら、次第に慢性化かつ難治性へと移っていきます。

つまり適切な外用療法をしないと、雪だるま式に増大した慢性病変は、単にかゆみ止めの飲み薬や原因の除去だけでは解決できなくなってしまうのです。

現在、最も多く使用されているのがステロイドの外用薬です。ステロイドは強い抗炎症の効果をもつ、人工的に生成されたホルモンで、人体では副腎皮質から分泌されるホルモンを模して合成されています。

治療においては、湿疹をはじめとする皮膚病、皮膚炎、乾癬から悪性リンパ腫まで幅広く使用され、有効性は高く評価されています。

【ステロイド外用薬(剤)の薬効クラス分類】

最も強い:デルモベート、シフラール、ダイアコート
とても強い:マイザー、リンデロンDP、ネリゾナ、トプシム、プデソン、パンデル
強め:リンデロンV、プロマデルムリドメックス、フルコート
中間:ケナコルト、ロコルテン、アルメタ、キンダベート
弱い:デクタン、コルテス、メドロール、プレドニゾロン