おしりをアトピーから守るために生活環境をチェック

おしりのアトピー対策として、よりクリーンな住宅に変えてしまうのも有効な方法のひとつです。とくにダニなどをチェックして行くのがポイントです。

病気のはじまりを思い返してみると、あの時、あんな事をしたからかもしれないといった出来事が思い出されます。

しかし、身近に接して生活するものは、意外と認識されていません。

特にいろいろなものと接する「おしり」は家のなかの環境因子が大きく関わっている事があります。

近年建てられる住宅は、機密性のよい建材、絨毯やカーペットの常設、コンクリート住宅や冷暖房機器の完備など、わたしたちの生活を快適にしてくれる反面、アレルギーに関与するハウスダストやダニが、年間を通して、しかも大量に室内に存在するという状態を招きました。

さらに室内は梅雨時期以外でも高温多湿となりやすく、カビ類が大幅に増加しています。通気性をよくするために窓をあけると、花粉などの影響をモロに受けます。

夜は布団の中や表面にいるハウスダストやダニが皮膚についてゆくのです。

このように安住の場所であるはずの自宅が、実はおしりのアトピーを起こすアレルギーの元凶とはショックな話ですが、紛れもない事実です。

対策としては絨毯、カーペットはこまめに洗うか、思い切ってフローリングしたり、寝る部屋を変えるだけでも皮膚が改善する場合もあります。

布団を日に干して叩くことは重要ですが、ダニを取るには専用の掃除機が最適です。今ではダニよけのシーツやカバー、枕や布団まで存在しています。